GRID工事日記:新着情報

2012年12月20日

気密測定!

CIMG0552

 

明日はいよいよ気密測定です。

気密測定とは、建物のいわば隙間がどれくらいあるのか?を調べる検査です。

日本の昔からの住宅は夏の気候をメインに考えて、間口を広く、窓をたくさん設け、天井を高くすることにより、風が通りやすい造りになっています。ですので夏はそこそこ涼しく快適に暮らすことは出来ますが、逆に冬になるとメチャクチャ寒く、とても暮らしにくい状態になってしまいます。

これでは冬場の暖房コストがかなりアップしてしまい、1年間と通しての快適生活および省エネにはほど遠い状態になってしまいます。

今回取り入れました高気密、高断熱(スーパーウォール)工法では、そう言った夏季メインだけの考え方ではなく、1年間まるまる通して快適に省エネに暮らせるよう考えられた造り(システム)になっています。

したがって簡単に申しますと、「高気密」=「隙間の無い家」  「高断熱」=「温まりやすく冷めにくい家」と言うことになりますので、建物の隙間がどれくらいあるのか?を調べるのが気密測定なんです。

分かり安く数値で表すと、ごく一般的な造りの木造住宅で数値9 簡単な気密の造りの住宅で数値5

今回の高気密住宅では数値1以下という感じです。(数値が少ないほど、隙間が少ない)

明日の気密測定では数値1以下の結果がでることを期待します。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
GRID (グリッド)

http://wood-grid.net

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:山口県宇部市大字船木2268-4
TEL:0836-69-0950
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

▲このページのトップに戻る